マーケティングオートメーション コンテンツ制作/顧客事例/住まいのコンテンツ制作

はぐくむブログ

未分類

初めての取材の失敗から学ぶ、取材心得!

投稿日:

はぐくむアシスタントあいこです!
先日人生初!“取材”の経験をさせていただきました!
私の実際の失敗から、事前に知っていれば!今度は失敗しない!をまとめました
全くの初心者、一度も取材に行ったことのない人はまずはこれを読んで参考にしてみてください
本当に初心者なので取材慣れしている方には当たり前すぎる内容かと思います!

下準備

事前に資料や訪問する会社、最寄り駅や所在地周辺などを確認する!

資料や会社のことは取材のためなのはもちろんのこと、
最寄り駅や所在地周辺に有名な場所があったら会社説明の時に加えることもできるためです!

質問事項をまとめておく

大まかな質問の流れと必ず聞きたいことをまとめておく

写真に収める場所をまとめておく

ビル全体の風景、エントランスなど、必ず収めるべきことは忘れずにメモ

備品チェック

書類、メモ、筆記用具、カメラ、レコーダー、全て確認!

写真

横で撮れ!(念のため縦でも撮影!)

ウェブサイト向けの写真はほとんどがです!
これ今回一番失敗した〜と私が思ったことでした……
何せせっかく取った写真が活用できなくなる
そして念のため縦でも撮影しておくと何かあった時に潰しが聞きます!

引きで撮れ!

引きで撮っておくとあとでトリミングしやすく、構図を決めやすい
普段娘ばかりを撮っている私は目的の物を中心に置いてできるだけよりで撮影する癖がついていて
撮った写真は流用性が悪いできでした……
ウェブに使う写真はサイズも小さくして高画質で使うことは稀なので引きで!

必ず写真をその場でチェック

移動中の写真撮影だとお客さんをお待たせしてしまうとか思って焦ります
でも、ブレた写真をお持ち帰りすると戻ってから本当に焦ります(やりました……)
必ずその場でチェックしましょう!

ポートレートは顎引いて

偉い方だと写真慣れしていらっしゃるので稀かと思いますが、顎って上がりがちなんですよね
プロのカメラマンになった気分で「顎引いてください」とお伝えするのを忘れずに

取材中の全シーンを撮影(自分のために)

人というのは悲しいかな忘れる生き物です
どんな取材だったのか、誰がいたのか、どんな雰囲気の中行われたのか全て写真に収めましょう
最終的に使うかではなく、自分があとでどんな取材だったかを思い出すため、です!

取材

相手に話してもらう

とにかく相手に話してもらうこと!自分が話す時間は最小限に!相手に話させるには質問!
言い方が悪いですが、ミーハーな人になってみるといいと思いました!

曖昧な表現は全て具体的に

曖昧な表現は全て具体的にしましょう!

  • 「たくさん」「いっぱい」というのはXX(数字)くらいでしょうか?
  • 「昔」「以前」というのはどれくらい前でしょうか?
  • 〇〇についてもう少し具体的に教えてください

もう一歩踏み込んで聞けばよかったな〜という項目が多かったです……

おうむ返しを利用

相手がおっしゃった単語をそのまま聞き返すのも良いです!

  • 今おっしゃられた〇〇とはどんなものですか?
  • 〇〇について教えてください

理解が正しいか確認させてください

自分の理解が正しいかをそのまま確認するのも良いです!

  • 「〇〇の質問に対しては、XXXXXXXという理解で正しいでしょうか?」

上司のテープ起こしを担当していて、この聞き方いいな〜と思いました
下準備で用意した質問に対してこの聞き方で確認すると抜け漏れがなくなるので次回は絶対使います!

いかがでしたか?

本当に取材初心者の私が初めての取材の失敗を通して次は失敗しない!次はこうする!をまとめました
これから初めて取材に赴く方の参考になったら嬉しいです!

The following two tabs change content below.

あいこ

片田舎に小さな家を買ってフィリピン人夫と娘と3人でわちゃわちゃと生活しています! はぐくむさんのアシスタントとして2020年8月から参加。本職はソフトウェアエンジニア!何卒よろしくお願いします!

-未分類

Copyright© はぐくむブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.